読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第六の絶滅

Die Wahrheit ist irgendwo da draußen.

キョンの寝相 ~ 涼宮ハルヒの憂鬱 『エンドレスエイト』

 現在WOWOWで『設立30周年! “京都アニメーション” 春の祭典』と題して、京都アニメーション作品が多数一挙放送されている。『涼宮ハルヒの憂鬱』『氷菓』『たまこまーけっと』『たまこラブストーリー』『映画けいおん!』に加えて、なんと『空を見上げる少女の瞳に映る世界』『天上人とアクト人 最後の戦い』がラインナップされている気合の入りよう*1。他はともかくムントに関しては恐らくもう二度とTV放送で観られることはなさそうなので、これを機会にWOWOWへ加入しても損はないだろう。

 それで先日、放送当時非難囂々だった『エンドレスエイト』が8回分連続放送され、百億年ぶりに観て気付いたことがあった。めちゃくちゃ今さらで散々言及されていそうな気もするが……。

 

f:id:foxnumber6:20150321223826p:plain

 #18 「エンドレスエイト(7回目)」より

 この妙な寝相、どっかで見覚えあると思ったんだけど……

 

f:id:foxnumber6:20150321223841p:plain

 『BACK TO THE FUTURE』ですね。

 

f:id:foxnumber6:20150321224454p:plain

f:id:foxnumber6:20150321224500j:plain

 転換点に目覚まし時計が差し込まれるのもそれっぽい。

 

 ついでに2006年の当時の録画を引っ張り出したらコーデックがDivX、コンテナがAVIのファイルが出て来て、あまりの隔世の観に「マジか……」と謎のダメージを受けた。あの頃はアナログソースをシングルコアでエンコードしていたし、ディスプレイは1280*1024だった……。

 2009年版『ハルヒ』はなんだかぱっとしない構成で全体的にぼんやりした印象があったけれど、『エンドレスエイト』はこういう構成だからこそ各話演出の個性がわかりやすく出ていて、結果的には面白いものに仕上がっていたと思う。

 

 

 

*1:欲を言えばOVA版も放送してほしい。